昨日、浅草で開催されていたCFAのリージョナルキャットショーに行ってきました。

先日、インターペットに猫さんグッズを見に行きましたが
あまり品数もなかった話をブリーダーさんにしたところ
東京ではほぼ毎週末、キャトショーをしていて
猫さんグッズのお店もいくつか出ているときいて
初めてのキャットショーに足を運んでみる事にしました。

ネットで調べると、毎週末、いろんなキャットショーがあるのですね。
CFAは大きな団体なので
その中でも大きなショー。
写真でしか見た事のない、いろんな猫さんを見るのも楽しみの一つでした。

前もってネットで調べてみて気になっていた
CFAのアンバサダーキャットに会えるかな
というのも楽しみの一つでしたが

いました!!!

ラプター君!!


1768A2A1-184E-47EF-AC45-48F52AC83518


大きい!!
うちの子は2人とも3.6キロの小柄な子なので
特に大きく感じます。

立派で堂々としていて、とってもとってもお利口さん。


5A3B401A-268D-4F6B-86A4-CAEE78E757D5


全く物怖じせず、触らせてくれました💕
世界大会でチャンピオンになった子です。
本当におりこうさんで、可愛い。
一度触れ合うと、みんなきっとアメショー好きになってしまいますね。

初めてなんです、とお話をしたところキャットショーのこととか
ラプター君の事、うちのにゃんずの事、しつけの事とかお話してくださいました。

甘やかしすぎている?ちゃんとダメな事をダメだって怒っている?
って聞かれてしまいました。
あはは、お見通しですね。
猫さんは賢いから、可愛い子、良い子〜〜とべったりする時は愛情たっぷりに
叱るときは、ちゃんと厳しく叱る、という事をすると
ちゃんと理解できますよ、と。
まだ2才になっていないので、今からでも遅くないですよ、ということなので
ちゃんと叱る事も頑張らねば、と思いました。

5C3728A3-9AB0-43DC-AFC4-A0446CDFD416


ラプター君、10才だからシニアさんですね。
猫さん、CFAのアンバサダー、見事に勤めています。

今回のショーには100頭以上の猫さんがエントリーしていて
写真でしか見た事のない猫さんも沢山いました。
キトン(子猫)から成人さん、ベテランという
年配の猫さんのカテゴリー、
ハウスホールドという雑種の家猫さんのカテゴリーもあって
本当に色んなにゃんこ達が
お利口さんでいるのに驚きました。

ショーは部門ごとにジャッジの方がケージから出して
センターの台の上でお顔をチェックしたり
おもちゃで遊んだりして審査をするようです。


80E2C1FA-75D9-4EC8-BC4D-CF17FA8F333D


シャーしてケージから出れない子や
台の上でイヤイヤしてしまう子は
すぐにケージの中に戻してもらっていました。

慣れた子や一等をもらうような子は
“見て!”とばかりにシッポもピーン!堂々とした振る舞いや
おもちゃで楽しそうに遊んで
とってもお利口さんで楽しんでいる様子がみられました。


モフモフ。
91FA1FEF-E041-46B2-8C9D-1AB76BF88CC0



楽しそう!
7F7476A1-4CDB-4D9C-BE6C-E68A84418092


猫さんを飼いたい方は
保護猫さん施設や、シェルター、譲渡会などを検討されていると思いますが
ペットショップで猫さんを見ることも、まだ多いかと思います。
ペットショップで生きている猫さん、ワンコを扱う事には、
私は反対しています。
ペットミルという言葉をきいたことがありますか。
あかちゃんが物流として扱われ、
遊びたい盛りにショーケースの中にいる。。。
日本はちょっとおかしい、特殊な国なのだということはあまり知られていない事実なのです。

アメショーや、ロシアン、マンチカン
純潔の猫さんをお迎えしたいなあと思っている方は
是非、ブリーダーさんから直接にゃんこをお迎えしてほしいと思っています。

今はネットでいろんな情報を入手できるようになったので
ブリーダーさんという選択肢も随分身近になったのではないかと思います。

でも、ブリーダーさんへ直接はちょっとためらってしまうような方は
一度キャットショーへ行ってみるのはいかがでしょうか。
色んな種類の、色んな年代の猫さんが
一度にいっぱいいっぱい見ることができるのがキャットショーの良いところだと思います。

可愛いですね〜
と話しかけると、皆さん気さくにいろいろお話ししてくださいました。
もし、東京や大阪の大都市に住んでいるなら
キャットショーは毎週末何処かで開かれていて
入場も無料です。
キャットショー自体には、否定的な意見もあるのは知っていますが
猫さんをみてみたいなら、ペットショップではなく、
キャットショーが敷居が低いのではないかなあと思います。

沢山のにゃんこをみることができるのは
ペットショップではないのだなあということを初めて知りました。

会場全体が、とっても和気あいあいとしていて
和やかな雰囲気だったことは意外でもありました。

“10番、11番、12番さんお願いします”
なんていうアナウンスの中に混じって

“みなさーん、会場が暑いっていうお話があったんですが、暑いと思う方手をあげてください〜”
とか
“お弁当が余っているので販売します〜”
とか
“お弁当のゴミを集めるのをあと10分で終了します!終わらなかった方は持って帰ってくださいね〜”
なんていうアナウンスがあったりして
みなさん、
“はーい”
“まだ、食べる時間ないよ〜”
とか大きな声と笑いが起きたりしていました。

皆さん、猫さん好きの集まりですもんね。


C0E9543A-70E2-4A70-9108-9E67A0F4B347




少し堅い話になり、長くなってしまって失礼しました。

メインの猫さんグッズのお話は次の記事にしたいと思います。



お帰りの際に

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村




ありがとうございます。






今日も皆さまにとって良い日でありますように。