もも太君、遊びたくて遊びたくて
最近は、リビングで座っているママを遊びに誘うための要求鳴きがすごいんです。

随分慣れてきたので、
どれだけ鳴かれようが、知らん顔ができるようになってきたママ。

なあああおおおおおん!!
なあああおおおおおおおおおん!!!!

と鳴いても鳴いても、立ち上がってくれなかったママを睨む目ぢからが怖いんです。

これは昨晩のこと。

“なんで出てけーへんねん“
76BDFF07-C033-4E09-8B4A-F65696560ACF


片目で睨む事数分。

そんでもって

睨みながら歩を進める。。。。
ゆっくり、ゆっくり。


”なんで来ーへんねん“
E49F9AC2-EF01-4C29-A17F-A45A3FA94F23



”聞こえとんちゃうんか“
51CA1218-9ED3-4D69-AD15-B2757CE23A54


どしたの、もも太。

こっちおいでよ。


”許さん。。。。“
071DF1A8-1138-4726-851C-19F4EB758AA4



きゃ〜〜〜〜!
怖すぎ。
目があったら外らせない勢いで睨みつけるんですけどお。

なんで、ガラ悪くなって大阪弁なん?

座りながら、じゃらしを振られる手抜きが嫌な様子。

もも太、
この後、本当に怒ってしまって、
1人でママのベッドの上で座り込んでいました(カメラで確認)
名前を呼んだら目が光っていましたが、リビングには来ませんでした。


お帰りの際に

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村




ありがとうございます。






今日も皆さまにとって良い日でありますように。