ジゼルちゃん
少し前の記事にも書きましたが
ちっこテロがあったり
う◯ちテロがあったり

泌尿器科系の疾患が疑われていたので
毎日しっかりとちっこの状態とか
う◯ちの状態をチェックしていました。

徐々に、徐々に良くなってきていると思っていたのですが
1日半、ちっこが出ていない!
という事態になってしまいました。

ママが大好きで
いつもそばにぴったりとくっついて離れなかったのに
キャリーケースの中に入り込んで独り寝。

ご飯も食べなくなってしまって。。。。

どうした?
どうした?


F927B42B-C668-4B96-B894-5D94BCA9842E


ママは心配で
心配で。。。

かかりつけ医さんに電話したところ
先生は不在だったのですが
すぐに別の病院に行って欲しいとのこと。

即、
病院へと飛び出しました。

タクシーに乗って
一回いってみる?
と思っていた猫さん専門の病院へ行ってきました。

急いで飛び出すことになったので
お兄ちゃんはお留守番を頑張ってもらい
ジゼルちゃん、ひとりで。

初めて一人でバッグに入って
ミャウミャウ鳴くジゼルちゃんでした。
こんなに鳴くのは初めてです。
1人だと不安だったのだとおもいます。


F402D217-972E-4940-B5C3-59266FAA01FC


ジゼルちゃん、
ケロリンすることのない子だったのですが
ちょうど1週間前に
3連続ケロリンもしていて
実は、そこも心配していたのです。。。。

ストルバイトの心配もあったので
もし尿管が詰まっているというような事ならば
一大事です。


2669FB0F-7D59-4F11-9625-A2576440615B


経過や今までの事を説明して
触診してもらったところ

詰まっているという心配はなさそうとの事。

胃腸の働きをよくするお注射と
点滴をしてみようということになりました。

点滴で翌日の朝までにちっこが出るはずだという事でした。

タクシーに乗ったり
初めての場所に1人で連れてこられたり

ミャウミャウ

ママに助けを求めていたジゼルちゃん。

タクシーの中で
キャリーバッグの中に手を突っ込んで
ジゼルちゃんを撫で撫でしてあげましたが

それに応えて
一生懸命にママの腕をペロリペロリしてくれました。

”まぁみぃ、おうちに帰りたいよう“

ジゼルちゃんの思いが。。。。


ママの肩に登って
逃げようとするジゼルちゃんをなだめて
なんとか点滴とちっくんのお注射を済ませました。

ジゼルちゃん、イヤイヤして
ママの肩の上に逃げようとしましたが
噛んだり、引っ掻いたりせずに
とっても、とってもいい子で頑張りました。

翌朝まで様子をみることになって

お家に帰って
夜8時ごろに

ちっこ!

出ました!!!

あ〜良かった!

そして、朝までにもう一回、
朝にもう一回と
3回もちっこが出ました。

う◯ちも2回出ました。


とりあえず
緊急性はなさそうです。

でも、今日も
ご飯の食いつきはなくって

ママにべったりせずに

猫部屋に置いてある
キャリーの中に入って独り寝しています。
元気はないです。



お帰りの際に

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村




ありがとうございます。






今日も皆さまにとって良い日でありますように。